役員座談会 CROSSTALK

東和化学としての今後の課題や目標

私たちが語り合いました。
  • 安定した生産と品質の管理を担う製造ラインの全てを統括する。丁寧かつ熱い教育で若手を育てる。
  • 会社全体を見渡し、社員の声に耳を傾けながら次のソリューションへの道筋を作り出す。
  • お客様が求める製品のために開発を続ける研究分野。素材の開発や金型設計図などを手がける。
  • TALK 01

    東和化学は炊飯ジャーや電気ポットのシール部品と自動車エンジンの絶縁部品に特化していますね。
    本日は役員の皆様に会社の強みや魅力を語っていただきたいと思います。

    小松:

    阪神大震災で長田区にあった工場が全壊し、現在の三木市に工場を構えました。創業当時からシリコーン素材に目を付け、シリコーンゴム材料メーカーと製品に適正な素材の研究を進め、機能性、品質の良い製品に評価を受けています。長いお付き合いのお客様が多いのは信頼の証だと思っています。

    常峰:

    私は素材や金型の設計などを行う部門を担当していますが、ひとつの素材に特化することで大手に負けない技術力を高められることが強みでしょう。お客様の新商品の開発段階から関わり、部品を作る金型・機械の設計から最適な素材の選択・開発までを行うのは非常に珍しいと思います。

    山口:

    私は主に製造ラインの管理を行っています。当社は一早いコンピューターによる生産管理システムを導入し、今はさらに高度なシステムで品質管理を行っています。従来の「工場」のイメージとは違う、合理的で先進的な取り組みに躊躇しない社風が特長であり、最大の強みでしょう。

    インタビューを受けている様子

  • TALK 02

    みなさんは新卒で入社されたということですが、
    入社の理由はなんですか?

    山口:

    工業高校出身で入社しました。実は我々3人は皆同じ高校出身で(笑)入社理由も全員一緒だと思います。「ものづくりをしたい」「化学への関心」です。素材の開発はまさに化学です。「あれとこれを合わせるとこうなるんだ!」そしてそれが形になる喜びが常にあります。

    小松: 常峰:

    全く同じですね!

    山口:

    必ず工業高校出身や理系であることは求めていません。「ものづくりへの興味」と「新しいことにチャレンジしたい」という意欲のある人が向いています。

  • TALK 03

    現在もみなさんは「ものづくり」がやりがいなんですね。

    小松:

    シリコーンゴムに着目し部品化した商品が店頭に並ぶ感慨は大きい。家族にも「自社でこの部品を作っているんだ」と言える機会も多くあります。自動車であれば世界中で使用されて今も走っていると考えるとワクワクしますし、またより良い物を作りたいという気持ちになりますね。

    山口:

    お客様に当社の工場見学が人気なんです。早期から管理の合理化を進めてきた製造現場には皆様驚かれますね。

    常峰:

    お客様と一緒に商品開発の一部に関わることも楽しいです。
    誰もが知るメーカーの商品の一部に取り組むやりがいは大きいですね。

    インタビューを受けている様子

  • TALK 04

    グローバル化の時代ですが、
    東和化学としての今後の課題や目標はありますか?

    小松:

    当社の経営方針は「常にメーカーとしての使命を自覚し、世界に通用する業界トップレベルの経営体質を確立する。」というものです。世界を相手にした価格競争も無視できない課題ですが、当社としてはIoTからAI技術を取り入れ、「他社にない高品質な製品を安定して供給できること」、そして「お客様により良い提案をし続ける」ことを追求していきたいと考えています。

    山口:

    数百万個のうちひとつの規格外があると信頼に大きく響く世界です。品質チェックもIoTなどを利用して合理的かつ信頼性のある納品をしていく必要がありますね。

  • TALK 05

    大きな課題ですが、現状に止まらず、
    テクノロジーを積極的に取り入れる社風なんですね。
    皆様長くお勤めですが、
    東和化学は働きやすい環境なんでしょうか。

    常峰:

    若手でもアイデアがあれば皆で聞いて一緒に考える風土があります。思いついたことへのチャレンジは喜んで協力するので、常に新しい発見があることが長く働ける魅力のひとつだと思います。

    小松:

    当社は女性も多く活躍しています。
    家族手当や休暇の取得など福利厚生も充実。社長の考えが「社員が楽しんで働くことでより良い会社になる」というものなので、利益はきちんと還元し福利厚生は今後もさらに充実させられるよう、積極的に取り組んでいます。

    山口:

    辞めたら後悔する会社にしよう、というのが私の希望ですね。定着率はとても良いです。

    インタビューを受けている様子

  • TALK 06

    日本のものづくりを支える情熱と風通しの良い社風が伺えます。
    みなさまは各現場の管理者ですが、どんな人に入社してほしいですか?

    山口:

    私は「失敗を恐れずチャレンジし続けられる人」が伸びると思います。失敗から学ぶことを大切に考えています。

    小松:

    ものづくりに関心を持ち、それが形になることに常に新鮮な喜びを感じられる人にはやりがいがある会社です。今後、自動化をより進めていく中で「より合理的かつ生産性のあるシステムを考え続ける」という目線の方も良いでしょう。

    常峰:

    他社へ学びに行ったり、展示会を見に行くなど、会社内に留まらず広く見識を持ち勉強できる人を希望します。

座談会に参加した3人の写真

座談会に参加した3人が話している写真

  • TALK 07

    最後に、これまでの仕事で印象深いこと・今後の目標を
    お聞かせください。

    小松:

    これまで失敗した経験もありますし忘れることはできません。
    失敗したことで学び、次に活かすことができれば失敗ではないんです。
    今後は、顧客の要望が多様化している中、製品の付加価値をより一層高めていける、チャレンジの精神をもって会社作りを進めていきたい。

    常峰:

    ベビー用品のパッキンを初めて開発したときは沢山の試行錯誤をしました。新商品は多くのテストを乗り越えて店頭に並びます。その喜びを今後も社員全体で共有できる会社を目指していきたいですね。

    山口:

    大手取引先が多いのでさまざまな経験を積んで成長してきたなと思っています。今後も社員とお客様のために、より安全で安心な製造ラインを開発し、常に未来を考えて、発見と成長を進めます。

    貴重なお話を聞かせていただき、
    本日はありがとうございました。