会社案内 COMPANY

三木工場周辺の自然が織りなす四季折々の音色をお楽しみいただけます。

  • 社長メッセージ・会社概要・取引先企業一覧
  • 沿革

社長メッセージ MESSAGE

人を活かすテクノロジーで喜びを創造し続ける

東和化学株式会社は1971年(昭和46年)にシリコーンゴムに着目し、ガラス魔法瓶に使用されるパッキンの製造を主としてスタートしました。その後、シリコーンゴムを使ったシール部品に特化して成長を続けています。

お客様と社員に恵まれ、今は自動車のエンジンに使用される絶縁部品として世界中の自動車メーカーに信頼される技術を獲得しています。また創業時からのお客様である国内大手調理家電メーカー様の厚い信頼も獲得しています。

私のモットーは「会社に来て楽しい」と社員が思える会社を作ること。
1980年(昭和55年)にいち早くコンピューターを導入し、製造ラインの管理の合理化を図りました。現在も、IoTやAIの導入を積極的に進め、高品質な製品を安定して供給できる製造システムの構築を目指しています。
しかしながら、最新テクノロジーも人の道具です。社員が常に新しいアイデアや工夫をより生かせるため、そしてお客様に「さすが東和化学」と言われる製品を供給するためにあります。
社員、お客様の幸せや安心のために、今後もたゆまぬ努力を続けながら、唯一無二の「楽しい会社」を目指して参ります。

代表取締役社長 川田 英美

東和化学株式会社 代表取締役社長の写真

会社概要 COMPANY

会社名

東和化学株式会社

所在地
  • ■本社・三木工場
    〒673-0514 兵庫県三木市志染町戸田字中尾1872-92
    TEL 0794-87-7181 / FAX 0794-87-7180

    工場紹介 作業工程もご紹介します

  • ■配送センター
    〒673-0722 兵庫県三木市細川町脇川字新田455-271

  • ■魚住工場
    〒674-0074 兵庫県明石市魚住町清水458

  • ■協力工場
    有限会社マクロポリマー
    〒654-0039 兵庫県神戸市須磨区鷹取町1-1-23

代表者

代表取締役社長 川田 英美

資本金

7,800万円

従業員数

約120名

設立

1971年(昭和46年)11月10日

事業内容

シリコーンゴム成型品・スライス加工品

取引銀行

三菱UFJ銀行 神戸中央支店・長田支店

三井住友銀行 三宮支店

りそな銀行 神戸支店

阿波銀行 神戸支店

商工中金 神戸支店

淡路信用金庫 新長田支店

みなと銀行 長田支店

取引先企業一覧 CLIANT LIST

主な取引先

象印マホービン株式会社

象印ファクトリージャパン株式会社

東和電気株式会社(各支店・営業所)

日立オートモティブシステムズ阪神株式会社

株式会社デンソー

細田株式会社

新象製造廠有限公司

Unizon Zojirushi Co., Ltd

TOMY(THAILAND)LTD.

三菱電機株式会社

北港商事株式会社(住友電装株式会社)

三和テクノ株式会社

多田プラスチック工業株式会社

(敬称略・順不同)

主な仕入先

東和電気株式会社

ダウ・東レ株式会社

信越化学工業株式会社

早川商事株式会社

旭化成ワッカーシリコーン株式会社

有限会社マクロポリマー

株式会社マスオカ

(敬称略・順不同)

沿革 HISTORY

1971(昭和46)年
  • 11月

    創立

1972(昭和47)年
  • 4月

    初納品(マホービン用クチゴム)

1978(昭和53)年

インジェクション・マシーン導入

1979(昭和54)年

自動車部品生産開始

1980(昭和55)年

生産管理コンピューター導入(1次自社ソフト)

1982(昭和57)年

自動車関連部品 インジェクションコールド ランナー方式確立

1988(昭和63)年

コンピューター1本化により、在庫・品質情報・生産計画との結合

1989(平成元)年
  • 3月

    コンピューター内蔵射出成型機導入

  • 9月

    PC・CAD増設

1992(平成4)年
  • 9月

    群管理システムスタート(トレーサビリティ)

1994(平成6)年
  • 9月

    データ集計・検査収集システム 第1次スタート

1995(平成7)年
  • 1月

    阪神淡路大震災のため、工場全て全壊

  • 4月

    三木(細川)工場にて生産再開

1997(平成9)年
  • 9月

    新生産管理システムスタート

2008(平成20)年
  • 5月

    新工場(ひょうご情報公園都市内)完成・竣工

  • 8月

    材料トレーサビリティシステム導入

2010(平成22)年
  • 7月

    検査タッチパネル方式入力システム導入

2011(平成23)年
  • 7月

    群管理システム Windows版へバージョンアップ

2012(平成24)年
  • 9月

    生産管理システム 成型機から日報自動入力化

2014(平成26)年
  • 6月

    新生産管理システム(TOPICS)Windows版導入

2015(平成27)年
  • 4月

    データ解析ソフト(Qlik View)導入

2018(平成30)年
  • 2月

    自動カメラ外観検査機導入

  • 6月

    縦型射出成型機導入